肥満抑制に留まらない対処|厄介な中性脂肪を下げる為に|正しい食事制限で健康ダイエット

厄介な中性脂肪を下げる為に|正しい食事制限で健康ダイエット

肥満抑制に留まらない対処

女の人

実施による利点

断食とは、飲み物以外の食品、いわゆる固形の食べ物を一定期間食べない様にする事を指します。この方法が近年、ダイエットだけで無い健康効果があるとされる対処として注目されています。断食によって期待されるダイエット効果としては、余剰カロリー消費の他に胃の容量減少が挙げられます。胃という臓器は伸縮性が高く、食べ過ぎが続くと容量が膨張し、余計食べ過ぎやすい状態になります。そのため断食によって胃の広がりを防ぐと共に、空腹による満腹中枢からの信号を調節し、食事量が減る効果も期待できます。またダイエット以外の効果として、自律神経機能の調節も挙げられます。通常、内臓の運動が活発な時は副交感神経が、空腹状態では交感神経が優位になるとされます。食べ過ぎによって副交感神経が過剰になると、日中の疲労感や眠気に繋がりやすい事になります。こうした悪影響を軽い断食によって交感神経優位になるよう調節し、副交感神経を休ませる事ができれば、自律神経の機能調節と共に眠気や疲労感、夜の睡眠障害などの改善に繋がりやすいと言われています。

基本的なメカニズムと対処

そもそも消化吸収のメカニズムにおいて、食べ過ぎたカロリーは1食分程度であれば、肝臓で蓄えられます。しかしそれ以上の余剰分は、脂肪細胞に運ばれて蓄積する事で、体脂肪の元になると言われています。一般的に体脂肪への変化には2週間程度要すると言われており、食べ過ぎた場合にはそれまでに肝臓および脂肪細胞で蓄えられた分のカロリーを消費する事が不可欠です。こうした食べ過ぎへの対処として注目されているのが、短期間で行う断食です。具体的に1度食べ過ぎた場合は、その日から4分の3日間程度、すなわち15〜18時間は水分や軽い飲み物だけで済ますやり方が推奨されています。それによって食べ過ぎたカロリーが脂肪細胞に蓄積する前に、体内で消費させる狙いがあります。