厄介な中性脂肪を下げる為に|正しい食事制限で健康ダイエット

健康や美容に効果的

栄養剤

健康のためや美容のためにサプリメントを利用している人が増えています。しかしそれで効果を感じない人も多いです。そんな人は断食してみましょう。体内にたまっている老廃物を取り除くことによって健康や美容にとても効果が出ます。

飽食への解答

ダイエット

現代は飽食の時代といわれるほどで、栄養過剰によって健康上の問題が発生しています。断食をすることは体重を減らすだけでなく、絶え間なく働く消化器系にお休みを与え、体内の毒素の排出を導きます。正しい断食のやり方を守れるように専用の施設で行うことがお勧めです。

健康と美容のために

サプリ

自分に合った方法で

健康や美容のために断食を行う人が増えており、断食道場などもできて人気を集めています。しかし一口に断食といっても半日、1日、3日など期間が様々で、行う期間によって方法が異なり、間違った方法で断食を行うと健康や美容に悪影響を及ぼすこともあるので注意が必要です。それではセルフで行える期間ごとの正しい断食の方法について説明していきます。まずは半日の場合は誰でも手軽に行える方法です。半日の場合は早めに夕食を摂り翌朝まで何も口にしない方法、1日3食のうち1食抜く方法の2つの方法になります。この方法は18時間食べないことが基本です。次に1日の場合は丸一日水以外食べ物を一切口にしない方法です。この方法は断食翌日の食事が重要で断食翌日はお粥にします。この方法をとると、肥満体型の要因となる中性脂肪を劇的に下げることができるでしょう。

セルフは3日が限界

最後に3日の場合は本断食と言われ、間違えた方法で行うと健康や美容に悪影響を及ぼすので特に慎重に取り組む必要があります。3日といっても3日間何も食べないということではありません。まず1日目の朝食はいつも通りの食事を摂ります。昼食は普段の量の3分の2の量に抑え、夕食は普段の半分の量にします。食事は就寝の3時間以上前までに済ませておくことも重要です。翌日の2日目は水以外一切口にしません。そして最終日の3日目の朝食はお粥を食べ、昼食から普段の食事に戻りますが昼食と夕食は普段の量の半分程度に抑えます。この方法が正しい断食の方法となります。3日以上の断食はセルフでは難しいので、特別な施設で行う方法になります。以前よりも増えた中性脂肪をそのまま放置していると生活習慣病を招くリスクが高まりますが、しっかり下げることで健康体を維持することができるでしょう。

肥満抑制に留まらない対処

女の人

断食にはダイエット効果の他に、自律神経系の機能調節による健康効果も期待される。食べ過ぎた場合、余剰カロリーは肝臓で蓄え切れない分が脂肪細胞に運ばれ、体脂肪の原因となる。そのため1日弱の断食によって食べ過ぎたカロリーを早めに消費し、体脂肪に変化する前に対処する事が重要となる。